​HOMEブログ>ブログ記事

「脳梗塞急性期にはアスピリン」の根拠を再確認


(2019.4.19)

代表医師の中嶋です。


脳梗塞急性期の抗血小板療法として,アスピリンの投与は脳卒中治療ガイドライン2015においてもグレードAで推奨されています。あまりにも当たり前のように行われている,このアスピリンの投与ですが,今回はその根拠を再確認するために,アスピリンの有効性を示した有名な論文を紹介します。


掲載雑誌:Stroke (impact factor:6.239 ⇒ 脳卒中の領域では影響度の大きい雑誌です)


タイトル:A Combined Analysis of 40000 Randomized Patients From the Chinese Acute Stroke Trial and the International Stroke Trial


著者:Chen ZM, Sandercock P, Pan HC, 他

掲載号数・ページ:2000;31:1240-1249


論文内容:「CASTとISTの結合解析」

CASTは,アスピリン群(アスピリン160mg/日,4週間投与)とプラセボ群をランダム化した二重盲検試験で,1997年に報告されました(Lancet 1997; 349: 1641-1649)。

ISTは,登録された全例の半数にアスピリン300mg/日を2週間投与,半数にヘパリンまたは未分画ヘパリンを投与し,アスピリン単独群,アスピリン+ヘパリン群,ヘパリン単独群,未分画ヘパリン単独群,非投与群の6群にランダム化した試験で,こちらも1997年に報告されました(Lancet 1997; 349: 1569-1581)。

対象患者数は,合計40090例(CAST 20655例,IST 19435例)で,発症から48時間以内の脳梗塞患者です。

結果は,脳梗塞の再発について,アスピリン群320例(1.6%)で対照群457例(2.3%)と比較して,有意な減少がみられました(2p<0.000001)。

出血は,アスピリン群で202例(1.0%),対照群167例(0.8%)とアスピリン群において多い結果でしたが,有意差は認められませんでした。

======

(解説)

本解析結果から,世界的にアスピリンは脳梗塞急性期の標準治療となり,わが国でも脳卒中治療ガイドライン2004にて,グレードAとして推奨され,今日に至ります。


これからも,弁護士の皆様の役に立つと思われる医学的知見を紹介していきます。

ご意見・ご質問は,本サイトのお問い合わせフォームよりお寄せ下さい。


#医学鑑定後遺障害

#医学鑑定医療事故

#医学鑑定交通事故

閲覧数:47回

最新記事

すべて表示
医学鑑定 医療事故

BLOG

​ブログ

​HOMEブログ>ブログ記事