​HOMEブログ>ブログ記事

外傷後健忘の評価に係る問題点


(2019.9.23)

代表医師の中嶋です。

今回は、交通事故による高次脳機能障害に関して,脳損傷の程度を推測する指標の一つである「外傷後健忘」について解説します。


医学大辞典(南山堂 第19版)によれば,健忘とは,「過去の出来事を思い出せず(逆行性健忘),新しい出来事も覚えられなくなる(前向性健忘)状態」と説明されています。


余談ですが,「健忘」の字を見ると,特に「健」という漢字からは,「健やか(すこやか)」という意味がすぐに思い浮かぶことから,「すこやかに忘れる???」とは一体どういう意味だろうと,以前から疑問に思っていました。


そこで,「健」という漢字の意味を調べてみると,「健やか(すこやか)」という意味のほかに,「程度がはなはだしい,ひどい」という意味もあるそうです。つまり,「健忘」とは,「はなはだしく忘れる」「ひどく忘れる」という意味を表し,ようやく腑に落ちた次第です。


さて,交通事故によるものを含め,頭部外傷後の急性期に健忘を認めることがあります。これを外傷後健忘といいます。


2018年5月31日付の「自賠責保険における高次脳機能障害認定システムの充実について」(報告書)では,高次脳機能障害審査の対象とする事案として,外傷後健忘が1週間以上続いていたことを挙げています。

この点について,同報告書は高次脳機能障害の審査対象として,漏れがないように留意すべき条件の一つを挙げているにすぎず,高次脳機能障害の診断基準ではないことに注意が必要です。

したがって,外傷後健忘が1週間未満だからといって,高次脳機能障害を否定することはできません。この点は誤って理解されている場合が多いので,ご注意ください。


外傷後健忘の期間の長さは,予後予測に有用とされています。つまり,外傷後健忘の期間が長くなるほど,機能的自立度も回復しにくいといわれています。

そのため,高次脳機能障害の審査で用いられる資料「頭部外傷後の意識障害についての所見」においても,外傷後健忘の長さについて記載する欄があります。

この外傷後健忘の長さについて,じつは意識障害の推移と矛盾する記載が少なくありません。

例えば,次のように記載されているとします。

1)「初診時の意識障害」は「JCS 2」

2)「意識障害の推移」は「24時間後」まで「JCS 2」

3)「外傷後健忘の長さ」は「1時間」

この場合,外傷後健忘の期間は,明らかに誤っているといえます。

その理由について説明します。


外傷後健忘の終了時点とは,見当識が回復し,身の回りで起こる日常的出来事を覚えて,後で思い出す能力が持続するようになった時を指します(文献 石合純夫:高次脳機能障害 第2版.東京:医歯薬出版;2012,p. 263.)。


外傷後健忘の終了時点について,その判断基準として,Galveston Orientation and Amnesia Test (GOAT) があります。ただし,我が国では汎用されているとはいえません。

実臨床では,MMSEやHDS-Rで見当識,記憶,注意が回復しているかを経時的に調べてもよいとされています。


外傷後健忘の終了時点では,少なくとも見当識が回復している必要があります。さきに挙げた例では,JCS 2,すなわち,見当識の障害された状態が,受傷から24時間後まで存在していたにもかかわらず,受傷後1時間で外傷後健忘は終了したことになり,明らかに誤った記載といえます。


また,「頭部外傷後の意識障害についての所見」の外傷性健忘に関する記載欄では,「不明」と書かれている場合も多いと感じます。

外傷後健忘の有無や終了時間を評価せず,診療録にも記載がなければ,「不明」とせざるを得ません。


今回は,外傷後健忘の評価における問題点を解説しました。


これからも,弁護士の皆様の役に立つと思われる医学的知見を紹介していきます。

ご意見・ご質問は,本サイトのお問い合わせフォームよりお寄せ下さい。


#医学鑑定後遺障害

#医学鑑定医療事故

#医学鑑定交通事故

閲覧数:206回

最新記事

すべて表示
医学鑑定 医療事故

BLOG

​ブログ

​HOMEブログ>ブログ記事