医学鑑定 医療事故

GREETING

​ご挨拶

​HOME>ご挨拶

医学鑑定 交通事故

​​​医療鑑定研究会 

代表・医師 

中嶋 浩二  

​​鑑定から、繋ぐ想い。

​​​平素より弊事業所への格別のご理解とご支援を賜り、

誠にありがとうございます。
代表の中嶋でございます。

​​​私の母校、大分医科大学医学部(現在の大分大学医学部)は、

「患者本位の最良の医療」を基本理念とし、

倫理観豊かな医療人の育成により

地域社会の医療・福祉の向上に貢献することを目指しています。
この母校の教えを胸に、私たちは

医事紛争における協力医としての活動を通じて社会に貢献する」という使命を

創業の原点としています。

医事紛争、特に医療事故、医療過誤、後遺障害に関する争いでは、

医学という非常に専門性の高い領域を扱うため、

訴訟に関与する多くの方々が、大変な苦労を強いられています。

私はこれまで、第一線の医療現場で臨床医としての研鑽を積むとともに、

鑑定医として数々の相談をお受けしてきました。

プロフェッショナルとしての知識や経験、そして厳正中立な鑑定が、

医療訴訟のお役に立てると信じ、日々精進しています。

 

適正な医学的知見を得ることで、真実を明らかにし、

紛争でお悩みの方々が、前向きに生きる力を

一日でも早く取り戻してほしいと心より願っています。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

GREETING

​ご挨拶​

医学鑑定 後遺障害

SOCIAL CONTRIBUTION ACTIVITIES

​社会貢献活動

合同会社医療鑑定研究会は、社会貢献活動に寄与すべく、

2021年9月より、売り上げの一部を、

賛同する下記団体へ寄付し、

その活動を支援いたします。

​「あしなが育英会」

​一般財団法人あしなが育英会(東京・千代田区)は、2つの痛ましい交通事故を原点に、

交通遺児育英をはじめ、広く国内外の遺児を支援されています。

創設者・会長である玉井義臣氏の「一本のペンには、困難を克服し、世界を結び付け、繁栄をもたらす力がある」

というポリシーに賛同し、教育支援として、微力ながら寄付により活動を支援しております。

「国境なき医師団」

​​非営利団体法人 国境なき医師団日本(東京・新宿区)は、国境を越えて医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。団体の方針でもある「適切な医療を受けられずに苦しんでいる人々の命を救う力」に想いを重ね、微力ながら寄付により活動をを支援しております。

医学鑑定 交通事故

CORPORATE LOGO

​ロゴマークに込める想い

当鑑定を表す「虫眼鏡」と、

医療と法曹を結ぶ「架け橋」をイメージしております。

​当事者の皆様にとっての「明るい未来」となりますよう、

思いを込めております。

医学鑑定 医療事故

医療鑑定研究会のロゴマークとネーミングは一体として商標登録しています。

登録第6480259号

​指定役務

第42類 裁判事件で用いられる医学に関する調査報告書の作成

第44類 医療に関する鑑定書又は報告書の作成、裁判事件で用いられる医療に関する鑑定書又は報告書の作成 他

​第45類 裁判事件で用いられる資料あるいは証拠の収集、訴訟事件に関する情報の提供、法律的事項に関する弁護に関する情報の提供 他

医学鑑定 医療事故
医学鑑定 後遺障害

PROFESSINAL ETHICS 

​職業倫理​

​​​医療鑑定研究会に従事する

全てのスタッフが基本理念に基づき、

意欲と誇りを持って、その使命を果たすことを目的とし、

次のとおり職業倫理規程を定めます。​

医学鑑定 後遺障害

DOCUMENT DOWNLOAD

​資料ダウンロード

​HOME>ご挨拶