​HOMEブログ>ブログ記事

脳神経外科の主要な教科書・医学雑誌


弁護士の皆様と面談をするときは,事前に様々な角度から事案の内容を検討します。特に,患者さんに行われた医療行為が,その当時の医療水準を満たしているのか否かを慎重に判断します。医療水準の判断は,その医療行為が広く普及しているかどうかが肝要です。そこで,今回のブログでは,脳神経外科医の間で広く普及している教科書,医学雑誌をご紹介します。

教科書

脳神経外科学 改訂12版 太田富雄総編集・金芳堂

   2960頁・3分冊・ケース入・定価(本体34,000円+税)

(解説)脳神経外科医のバイブルです。基本的な知識を網羅しています。疑問点があれば,まずはこの本を開きます。この本に掲載されていない内容は,自分が知らなくても仕方ないと感じてしまうほどの,圧倒的な量と質です。

医学雑誌(和文)

脳神経外科(医学書院)

 月刊誌。和文の雑誌ですが,Index Medicusにも収載され,内容も充実していることから,脳神経外科医の間では高く評価されています。

脳神経外科ジャーナル(日本脳神経外科コングレス)

 月刊誌。内容は主に脳神経外科医の教育的な視点でまとめられています。最先端の知見も紹介され,第一線の脳神経外科医なら押さえておくべき内容となっています。

医学雑誌(英文):主要な雑誌をImpact Factor (2016) の高い順に列挙します

Neurosurgery(Oxford University Press)

 月刊誌。世界的に有名な脳神経外科雑誌の一つ。Impact Factor (2016): 4.889

Journal of Neurosurgery(American Association of Neurological Surgeons)

 月刊誌。世界的に有名な脳神経外科雑誌の一つ。Impact Factor (2016): 4.059

World Neurosurgery(Elsevier):

 月刊誌。Impact Factor (2016): 2.592

Neurosurgical Review(Springer):

 年4回発行。Impact Factor (2016): 2.060

Acta Neurochirurgica(Springer):

 月刊誌。Impact Factor (2016): 1.881

Clinical Neurology and Neurosurgery(Elsevier):

 月刊誌。Impact Factor (2016): 1.381

Neurologia medico-chirurgica (Tokyo)(日本脳神経外科学会):

 月刊誌。わが国の脳神経外科学会が発行する雑誌です。インターネットで自由に閲覧できます。Impact Factor (2016): 0.929

 以上です。私も,専門領域に関する知識をアップデートするために,上記雑誌の最新号はできるだけ目を通すようにしています。弁護士の皆様も,文献を引用する場合,まずは上記の教科書「脳神経外科学 改訂12版」や主要な医学雑誌から引用することをご検討ください。

 私どもの事務所では,英語論文の全文和訳に関するご相談もお受けしています。お気軽にご相談ください。

 今後も弁護士の皆様にとって有用と思われる情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。


#脳外科コラム

#医学鑑定後遺障害

#医学鑑定医療事故

#医学鑑定交通事故

閲覧数:1,800回

最新記事

すべて表示

(2020.3.1) 代表医師の中嶋です。 医療事故の案件として,たびたびご相談をお受けする低酸素脳症ですが,その原因はさまざまです。 気管切開術後早期のトラブルが原因で,低酸素脳症に陥るケースもあります。 医療事故調査・支援センターは,2018年6月,医療事故の再発防止に向けた提言(第4号)として,「気管切開術後早期の気管切開チューブ 逸脱・迷入に係る死亡事例の分析」(以下「センター提言」といい

(2019.4.23) 代表医師の中嶋です。 臨床医にとって,てんかん治療終結の判断は難しい問題です。 今回は、2018年に改訂された,「てんかん診療ガイドライン 2018」のなかから,てんかん治療の終結に関する内容を紹介します。 日本神経学会監修「てんかん診療ガイドライン 2018」(医学書院,2018年3月15日発行) 【第11章 てんかん治療の終結】 『小児では2年以上発作が寛解してから治療

医学鑑定 医療事故

BLOG

​ブログ

​HOMEブログ>ブログ記事